​Before
​After
昭和50年に建てられたお家のリノベーション。
外から見たら2階建てのように見えるが、実は3階建て。
名前の通り、ロープウェイが家から見えるお家。
玄関は開き戸ではなく、引き戸。
開き戸では、空けると玄関外のスペースが狭くなってしまうことから、リフォーム前と同様引き戸を使用。
玄関を開けた先には下へ続く階段と、廊下がある。
廊下を通ればキッチン、リビングへと続く。
​キッチンにカウンターとコンセントを設置。
​コンセントを設置することで、電子レンジやオーブントースターを置くことができ、料理の際の動線が短くなるよう工夫。
リビングの窓が大きいことで開放感があり、ここからロープウェイを見ることができる。
大きい窓の下部分は、近隣からの視線を考え擦りガラスにした。
​料理をしながらの、外の景色を楽しむことができる。
リング側に棚を。
棚兼カウンターにすることで収納スペースとしてだけでなく、料理スペースとしても活用。
​3階へと続く階段を上ったところには、窓がある。窓の外側はベランダになっている。
​洗濯物をこちらに干すことも可能。
​2階リビングへの入り口ドア。
​(リビング側からの写真)
入口ドアにもロープウェイが見える窓とは違う、擦りガラスを付けた。
​ガラスの有無や、擦りガラスなのか、そうでないガラスなのかでは、室内の雰囲気が変化する。
写真左下に写っている間仕切りは元々は壁。
壁を崩し、上半分を開けた間仕切りに。
洗濯機は1階に。
​洗濯物干し場は1階裏にもある。
3階のベランダはリノベーション前と同じ位置にあるが、表の通りから洗濯物が干した際に見えてしまう。
そのため、柵の高さや柵と柵の間隔で少しでも見えないように考えた。